位 置
北緯36度39分/東経138度33分
標 高
1,200〜2,217m
面 積
887ha
湿地のタイプ
中間湿原、淡水池沼、強酸性火口湖
保護の制度
国立公園特別地域
所在地
群馬県中之条町、草津町
登録
2015年5月
  群馬県の北西部、中之条町と草津町に広がる芳ヶ平湿地群は、草津白根山(標高2,160m)の火山活動に大きく影響を受け形成された湿地、河川、池沼群です。
 標高2,160mの草津白根山湯釜をはじめ、標高約1,800mの芳ヶ平湿原、大平湿原、平兵衛池、大池、水池、標高約1,200mのチャッボミゴケ公園穴地獄の湿地群から成り立っています。
 湿地群は群馬、新潟、長野の三県にまたがる上信越高原国立公園第1種及び第2種特別地域に指定されています。
 
空撮 芳ヶ平湿原中央の赤い屋根が芳ヶ平ヒュッテ   芳ヶ平湿原周辺フォトコンテスト入選作品
  草津白根山(活火山)の荒涼とした原野から一歩踏み入れると、目の前には緑豊かな湿地が広がります。湿地群にはワタスゲをはじめ様々な高山植物や特別天然記念物であるニホンカモシカ、日本固有種であるモリアオガエルの最高標高繁殖地や東アジア最大級のチャツボミゴケ群落など世界的に重要な生態系が存在します。
 
平兵衛池 モリアオガエル 成体樹上に産卵中   東アジア最大級のチャツボミゴケ群落
 中之条町では平成25年度より自然観察会を開催し湿地群の生物多様性や環境保全について啓蒙活動を行っています。また以前よりチャツボミゴケ公園は小中学生が遠足に訪れ自然環境の素晴らしさ体験しています。
 芳ヶ平湿地群は各種官民団体により登山・山スキーなど四季を通じてアクティビティーが展開されています。また一方で清掃活動、木道・看板保守管理、高山植物の盗掘防止活動などが行われています。
 
中之条町自然観察会
芳ヶ平湿原木道清掃・整備
中之条町のPR
 中之条町は、群馬県北西部に位置し、豊かな温泉資源に恵まれた山紫水明の町です。
 町内には、群馬県を代表する四万、沢渡、尻焼など9つもの温泉が湧き出で、古来より偉人が数多く訪れ、旅の疲れを癒してきました。温泉郷の幻想的な雰囲気は、多くの観光客を魅了しています。
 また、神秘的な野反湖や貴重な高山植物の宝庫である芳ヶ平湿地群など自然美にあふれ、国指定の冨沢家住宅(重要文化財)や赤岩養蚕農家群(重要伝統的建造物群保存地区)など、数々の文化財が残されています。
 このホームページをご覧になって、皆様に芳ヶ平湿地群へ興味をもっていただけたら幸いです。
 「大自然が育む恵みの湿原」へ、是非お越しください。
中之条町六合支所 芳ヶ平湿地群資料展示場
 
開館時間
9:00〜17:00
休館日
無休
入館料
無料
施設概要
四季を通じた芳ヶ平湿地群の動植物の写真ほか、文献資料などを展示しています。
所在地
群馬県吾妻郡中之条町大字小雨577番地1
TEL 0279-95-3111

芳ヶ平ヒュッテ
 
開館時間
7:00〜20:00
休館日
無休(臨時休業有)
入館料
宿泊料、休憩料、トイレ利用時は環境整備金(し尿処理費)
施設概要
芳ヶ平湿原にある山小屋、ご夫婦が四季を通じて営業しています。ハイカーの憩いの場であるとともに、湿原保護の拠点となっています。宿泊・食事は必ず1週間前に予約が必要です。
所在地
群馬県吾妻郡中之条町入山国有林野内
衛星電話090-4060-6855

日本国道最高地点
 
開館時間
24時間
休館日
無休(11月中旬〜4月下旬まで冬期間通行止)
入館料
無料
施設概要
日本の国道の中で一番標高が高い地点に駐車場(約10台分)が整備されています。
眼下に芳ヶ平湿原の池塘、木道、芳ヶ平ヒュッテなどが一望できます。
所在地
群馬県吾妻郡中之条町入山国有林野内(国道292号)




〒377-0494群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1091番地 中之条町役場
ラムサール条約に関する窓口:中之条町役場企画政策課 
電話0279-75-2111 E-Mail:ramsar@town.nakanojo.gunma.jp

観光に関する窓口:中之条町役場観光商工課 電話0279-75-7727
                                  
中之条町芳ヶ平湿地群公式サイト:
http://www.town.nakanojo.gunma.jp/~info/2-kikakuseisaku/ramsar/index.html

(一社)中之条町観光協会:http://www.nakanojo-kanko.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.