弥陀ヶ原湿原の水を集める、落差日本一(350m)の称名滝
 
位 置
北緯36度34.5分/東経137度32分
標 高
1,040〜2,120m
面 積
574ha
湿地のタイプ
草原雪原、渓谷、滝
保護の制度
国立公園特別保護地域
所在地
富山県立山町
登録
2012年7月
 標高約1,600m〜2,100mのなだらかな溶岩台地に広がる雪田草原であり、立山信仰でこの地が「阿弥陀の住む楽園」とされることが名前の由来とも言われている。
  餓鬼田と呼ばれる大小の池塘が点在する湿原は、高山植物の宝庫であり、夏に可憐な花が咲き誇り、秋には草紅葉が美しく広がる。
 
高山植物の宝庫

新雪輝く弥陀ヶ原
 夏には、立山の高山植物のシンボル「チングルマ」や、霧の湿原に似合う綿毛のワタスゲやタテヤマリンドウが咲き誇る。
 環境省のレッドリストに掲載されている昆虫(ミヤマモンキチョウ、アサマシジミ等)が生息するほか、鳥類では、氷河期からの生き残りと言われ絶滅危惧種のライチョウの越冬地ともなっている 。
 
天然記念物ライチョウ
タテヤマリンドウ
 立山町及び富山県内の小学校では、例年立山への宿泊学習を実施しているが、立山山頂を目指すため、高学年の参加が主流となっている。しかし、弥陀ヶ原湿原はアップダウンが少なく低・中学年の参加もできることから、立山町が町内の小学校向けにガイド料の一部を補助したり、富山県教育委員会へ働きかけ、積極的な来訪を依頼している。
湿地帯は気軽なトレッキング・コース
立山町のPR
標高12mから3,015mまで・・・観光・体験・食が満喫できる町
  立山町には、世界中から100万人が訪れる「立山黒部アルペンルート」の他にも魅力満載です。山麓には立山博物館など立山信仰にちなんだ癒しの空間が点在し、400年の伝統工芸「越中瀬戸焼」などの陶芸体験も気軽にお楽しみいただけます。観光と体験を満喫された後は、立山町内の各飲食店で様々なバリエーションの米粉うどんをご堪能いただけます。立山町で心もお腹も満足のひと時をお過ごしください!
弥陀ヶ原ホテル
 
開館日
4月中旬〜11月初旬
休館日
11月中旬〜4月初旬
利用料金
宿泊料、レストラン利用料等
施設概要
客室、ロビー、大浴場から雄大な湿原や富山平野の夜景が一望できる。
所在地
〒930-1412 富山県中新川郡立山町芦峅寺弥陀ヶ原
TEL:076-442-2222
http://midagahara.alpen-route.co.jp/

立山町役場 商工観光課
〒 930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
立山町役場 観光サイト                                  
http://kanko.town.tateyama.toyama.jp
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.