秀峰駒ケ岳の麓に広がる大沼
 
位 置
北緯41度59分/東経140度40分
標 高
130m
面 積
1,236ha
湿地のタイプ
淡水湖
保護の制度
国定公園特別地域
所在地
北海道七飯町
登録
2012年7月
 北海道南西部の渡島半島東側、秀峰駒ケ岳の麓に位置する。活火山である駒ヶ岳が江戸時代初期に大噴火し、流れ出た溶岩により川が堰き止められ、沼が形成された。大沼・小沼・蓴菜(じゅんさい)沼の3つの沼が隣接し、水深は最大で13mと浅い。湖面には『流山(ながれやま)』と呼ばれる島が点在する。
 
沼に点在する「流山(ながれやま)」

ひと時の休息をとる白鳥
 水中には、沼貝や沼えび、放流されるワカサギなどが、水面には、コウホネ・エゾノヒツジグサなどの植物が生息する。周辺にはマイヅルソウやエンレイソウなどの花が咲き、スゲハムシやコムラサキ、クワガタなどの昆虫、カワセミやオオルリ、アカゲラなどの鳥類も多く生息している。冬にはハクチョウが飛来し、ひとときの休息をとる。森・川・沼がとても近く、豊かな緑に囲まれた大沼は生物多様性に富み、自然の素晴らしさを感じることができる。
 
エゾフクロウ
フデリンドウ
 沼では漁業が営まれ、春にはその名のとおり蓴菜沼で蓴菜が獲れ、希少な食材となっている。秋にはワカサギ漁が解禁となり、筏焼きや佃煮として販売されている。

 周辺では、稲作・畑作・酪農が営まれている。ソフトクリームやアイスクリーム、チーズなども人気商品である。

 風光明媚な景観は古くから人々に愛され、観光地として栄えてきた。湖水まつりや雪まつりなど、季節ごとの催事も行われている。

秋に解禁されるワカサギ漁
遠くは九州からも訪れるヘラブナ釣り
七飯町のPR
 七飯町は、「大沼」「小沼」「蓴菜沼」の3つの湖と126の小島が織りなす繊細な風景と秀峰「駒ヶ岳」の雄大な姿が融合した、北海道では稀な日本庭園的な景観で知られる「大沼国定公園」を有します。また、北海道における近代農業発祥の地として、水稲、畑作、果樹、酪農、畜産などが明治初期より行われています。特に「林檎」については、「西洋林檎発祥の地」として、収穫期には果物狩りが楽しめるほか、林檎を使った数多くの特産品が揃っています。
日暮山(ひぐらしやま)
 
 日暮山からは、湿地が豊かな緑に囲まれる展望を望むことができ、道南特有の優しい印象を与える自然への愛しさを感じさせてくれるでしょう。また、駒ケ岳の中腹からも、運がよければ3つの沼を見ることができます。一歩森へ入れば、多くの野生鳥獣が生息し、生命の営みや繋がりを感じることでしょう。

七飯町民生部環境生活課
TEL 0138-67-5855
http://www.town.nanae.hokkaido.jp/                               
大沼ラムサール協議会
http://onuma-ramsar.jimdo.com/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.