位 置
北緯37度50分/東経139度14分
標 高
8.6m
面 積
24ha
湿地のタイプ
貯水池、ため池
保護の制度
国指定鳥獣保護区 特別保護区
所在地
新潟県阿賀野市
登録
2008年10月
 瓢湖は新潟市から約20kmの阿賀野市に位置し、江戸時代の初め1639年につくられた灌漑用のため池で、当時は瓢箪の形をしていました。瓢湖、東新池、さくら池、あやめ池からなり、水深は平均0.7mと浅い。
  周辺の川から取水しているが、ほとんど流れのない静水池です。
 
 鳥類では毎年ハクチョウ類が全国有数の約6,000羽のねぐらとなっています。特にコハクチョウ3,000から4,000羽を始めとするガン・カモ・ハクチョウ類約20,000羽が越冬し、13目31科107種の生息が確認されています。魚類ではコイ、ヘラブナ等が生息しています。植物相は、湖面ではオニビシ、ハス等が繁茂しており一部オニバスも分布しています。池の周辺ではヨシ、マコモが繁殖し、陸地にはススキが生えています。
 
 瓢湖は地域の小学生を始めとする沢山の団体による湿地の環境保全活動で守られています。小学生による白鳥パトロール隊や愛護団体による永年の保護活動は白鳥保護推進の牽引役となっています。また、ワイズユースとして小学生の総合学習や野鳥等の自然観察の場所として市内外から多くの方が訪れています。     
  瓢湖の恵みのオニビシやハスは、お菓子、盆花として利用されています。 湖畔では、桜まつり、あやめまつり、こいのぼり大作戦等のイベントも開催され多くの人に親しまれています。
阿賀野市のPR
 平成16年4月に4町村が合併し、人口48,755人の「阿賀野市」が誕生しました。母なる大河阿賀野川と勇壮な五頭連峰に象徴される美しい自然に恵まれたふるさとです。白鳥の瓢湖や五頭温泉郷(出湯温泉・今板温泉・村杉温泉) 、宝珠温泉等があり、なんと言っても、阿賀野市のお米や地酒、地ビール、乳製品、三角油揚げ、醤油・味噌等の味の逸品をお楽しみください。
 

瓢湖の特徴は、毎年10月上旬から3月中旬に約6,000羽の白鳥やたくさんの水鳥が飛来し、白鳥がすぐ目の前から飛び立つようすと群れで戻ってくるダイナミックな景観を見ることができ、多くの観察者やカメラマンで賑わいます。

〒895-8650 新潟県阿賀野市水原313-1 瓢湖管理事務所
TEL 0250-62-2690                                   
阿賀野市ホームページ http://www.city.agano.niigata.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.