位 置
北緯43度41分/東経141度36分
標 高
850〜900m
面 積
624ha
湿地のタイプ
高層湿原
保護の制度
国定公園特別保護地区
所在地
北海道雨竜町
登録
2005年11月
 北海道北西部・増毛山塊の東部に位置しており、南暑寒岳・恵岱岳・郡馬岳に囲まれた標高850mの溶岩台地上に成立した山岳型高層湿原です。湿原本体は東西2km南北1kmほどの規模で、湿原中央を東西にペンケペタン川が貫流し、大小700以上の地塘が点在します。湿原全域は暑寒別天売焼尻国定公園内の特別保護地区に指定されています。
 
 雨竜沼湿原は野草の宝庫と言われており、約150種の植物が生育しています。雪解けを迎える6月から僅か3ヶ月の開花期の間に、ミズバショウを始めワタスゲやエゾカンゾウ等、様々な湿原植物が開花します。地塘内には、雨竜沼湿原の特産種であるウリュウコウホネも生育しています。昆虫類では、雨竜沼タイプといわれるベニヒカゲやオオルリボシヤンマ、ルリイトトンボ等、厳しい気候環境を生き抜く多数の昆虫が棲息しています。種数は限られますがマガモ・ヒバリ・オオジシギなど、湿原内で繁殖する渡り鳥も見られます 。
 
ウリュウコウホネ
ルリイトトンボ
 ラムサール条約が推奨するワイズユースを目指す取組みの拠点として、2006年4月に雨竜道の駅に雨竜沼自然館が開設されました。雨竜沼湿原の魅力を展示作品で紹介しています。
  年に1度開催される観光フォトコンテストでは、雨竜沼湿原をはじめ雨竜町の自然・観光・景観などを題材に、町内外の人々の眼を通じて表現された魅力のある作品が数多く集まり、期間限定で館内に展示される作品が訪れる人々の眼を楽しませています。2007年からは、雨竜沼湿原の登山シーズン中に限り、少人数によるガイド付の湿原募集登山の実施を計画しています。
雨竜町のPR
 雨竜沼湿原は2004年11月に北海道遺産に登録、2005年11月にラムサール条約登録湿地となりました。雨竜町は北海道内でも有数の豪雪地帯です。冬季間雨竜沼湿原では積雪が4m以上にもなり、6月下旬近くまで閉ざされます。雪融けから10月までの登山シーズンでは、色とりどりの高山植物が咲き誇り、登山者の目を楽しませてくれます。その景色の素晴らしさに、遠くは九州からのリピーターも訪れます。雨竜沼湿原には、約2時間ほどの登山となりますが、1人でも多くの方に、この素晴らしい湿原を見てもらい、大自然を体感して頂きたいと思っています 。
雨竜沼自然館
 
開館時間
夏季時間(5月〜10月)10:00〜17:30
冬季時間(11月〜4月)10:00〜16:00
休館日
年末年始(12/31〜1/2)
入館料
無料
施設概要
雨竜町在住の自然写真家、岡本洋典氏の撮影した雨竜沼湿原の四季の自然景観や動植物の写真を常設展示。
所在地
〒078-2641 北海道雨竜郡雨竜町字満寿28番地3
道の駅「田園の里うりゅう」内
電話:0125-79-2100
雨竜町HP http://www.town.uryu.hokkaido.jp/
道の駅HP http://www.michinoeki-uryu.com/
岡本洋典氏HP http://www.infosnow.ne.jp/~ho_uryu/
雨竜町観光協会 http://www.uryunuma.info/

雨竜町役場 産業建設課 商工グループ
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 
TEL 0125-77-2248 FAX 0125-78-3122
http://www.town.uryu.hokkaido.jp/

雨竜町観光協会
〒078-2638 北海道雨竜郡雨竜町字尾白利加88番地33(雨竜町商工会内)
TEL 0125-77-2673 FAX 0125-77-2151
http://www.uryunuma.info/

道の駅「田園の里うりゅう」
〒078-2641 北海道雨竜郡雨竜町字満寿28番地3
TEL 0125-79-2100 FAX 0125-79-2112
http://www.michinoeki-uryu.com/

岡本洋典氏HP
http://www.infosnow.ne.jp/~ho_uryu/index.html

 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.