位 置
北緯35度32分/東経133度09分
標 高
0m
面 積
8043ha
湿地のタイプ
汽水湖
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
鳥取県米子市、境港市、島根県松江市、安来市
登録
2005年11月
 島根県東部と鳥取県西部の間にある天然湖で境水道を介して日本海につながっているため塩分濃度が海水の1/2程度ある汽水湖である。
  広さは約9200haで、国内5番目の面積を有する湖である。水深は平均5.4m最深部で8.4mである。汽水という特殊な環境により淡水性および海水性の両方の動植物が生息する多様な自然環境を有する。
 
 汽水という特殊な環境を受けて多くの魚介類や水草が生息・生育するとともに、毎年約75,000羽のガンカモ類が渡来し、日本で最大級の渡り鳥の渡来地となっている。特にコハクチョウは宍道湖とともにわが国の集団渡来地の南限である。また、中海一帯ではガンカモ類をはじめ、シギ・チドリ類等の47科、約260種の鳥類の生息が確認されている。
植物:リュウノヒゲモ・カワツルモ・コアマモ  貝類:アサリ・アカニシ
 
コアマモ
カルガモ親子
 1963年の宍道湖・中海干拓淡水化事業の着手に伴い干拓地にする工事の途中で干潟ができ、渡り鳥のねぐらや休息場となったことから保護を求める市民運動がおこり米子市が約30haを国から買い上げ「米子水鳥公園」を整備した。年間3万人が訪れ、指導員が渡り鳥の標識調査や子供向け自然観察会をおこなっている。冬には安来市(宇賀荘地区)の田んぼは水を入れコハクチョウの餌場になるようにしています。
 漁業資源として、中海十珍+1(マハゼ・サヨリ・スズキ・エノハ(ヒイラギ)・アオテガニ・ウナギ・マガキ・オダエビ・モロゲエビ・カワコ+サルボウ)などがあげられる。過去の淡水化事業によって中海の漁獲量は減少してきたが、2002年の事業中止決定による堤防の撤去や市民団体の自然環境の改善(アマモの養成)活動などにより漁獲量の増加が期待される。最近では弓浜半島や米子湾周辺の再生に向けて、自然再生協議会設立に向け準備をしています。
マハゼ
松江市のPR
 試験運行として、平成18年10月の1ヶ月間、松江港を発着点に安来、米子、境港、波入の各港を巡る「ぐるっと中海遊覧船」を中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会が運行主体となり行うなど今後、関係市町とともに中海の環境保全と利用を進めていく。

松江市 政策部地域振興課    
TEL 0852-55-5519 FAX 0852-55-5535
e-mail chiiki@city.matsue.lg.jp
松江市ホームページ http://www.city.matsue.shimane.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.