位 置
北緯38度38分/東経141度06分
標 高
最低5.7m
面 積
423ha
湿地のタイプ
堰止湖、低層湿原
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
宮城県 大崎市、栗原市、登米市
登録
2005年11月
 宮城県仙台市の北,直線距離にして約50kmのところにある自然堤防と南北の丘陵に挟まれた低地性湿地。沼自体の面積は約150ha。蕪栗の名前の由来には諸説あり,蕪のように美味しい実がなる栗林が沼のあたりに広がっていた,などが由来のひとつとされている。

 蕪栗沼は多くの面積をヨシやマコモ,ヤナギ群落など植物が覆っており,タコノアシやミズアオイなど氾濫源や湿地に生える希少な植物も観られます。
 そのため,植生を棲みかにしている水生昆虫や小鳥など多種多様な生きものが生息しています。
 また,周囲の水田と関わりが深い生き物が多く生息しており,代表的な生き物としては天然記念物のマガンがあげられます。その他にもオオヒシクイやオオハクチョウなど大型の水鳥が飛来してくるほか,絶滅危惧種のオジロワシがねぐらや採食の場として利用しています。
 魚類ではフナやコイなどの一般的な魚のほか,海からの高低差が少ないため,マハゼやボラなどの魚も観られます 。

 
オオヒシクイ
マガン
 蕪栗沼では,現在,NPOによる動植物モニタリング調査,観光協会や地域住民による清掃作業に加え,沼や遊水地としての管理,保全については,関係機関やNPO,地域住民が協議を行い進められています。
  周辺水田では,渡り鳥と農業の共生を目指す冬期湛水水田いわゆる「ふゆみずたんぼ」という環境に配慮した米づくりが行われています。この取り組みは,消費者からの評価も高く,農業と自然保護の両立を目指す,世界のモデルになり得る画期的な試みとして,各方面から脚光を浴びています。
 また,沼は市内や近隣市町の小中学校などで環境教育の現場として利用されています。地域の学校田などでは,田んぼの生き物観察も実施されており,沼とのつながりについても勉強しています。
 その他に,交流や普及啓発の一環として,一般の方を対象としたエコツアーも実施されています。
 新たに毎年沼に堆積しているヨシをペレット化し,陸地化緩和とバイオマスとしての利用を目指した取り組みも始まりました。
湿地の生きもの観察
大崎市・栗原市・登米市のPR
 「蕪栗沼・周辺水田」という名称は,日本最大規模のマガンの越冬地である特性に配慮し,えさ場となっている周辺水田も含めた形で登録になった非常にまれな例です。単に農作物の生産の場としてだけではなく,渡り鳥にとっても重要な湿地として田んぼの存在が認められた結果と捉えています。
  この貴重な財産を次世代につなげるために蕪栗沼では,「蕪栗沼・周辺水田」保全活用計画を基に関係機関,関係団体,地域住民と共にワイズユース「賢明な利用」を進めていきたいと考えています。
 蕪栗沼には自然への負担を軽減するために,常設の施設はありません。あるのは仮設トイレと駐車場,舗装されていない道と観察路,そして沼だけです。また,周辺水田もその名のとおり水田なので,施設等はありません。
 雁は警戒心が強く,暗いうちに近づき過ぎると驚いてしまいます。また,周囲では農作業をしていますので,配慮をお願いします。
 自然との出会いが楽しめる「蕪栗沼・周辺水田」ですので,魅力を十分堪能していただくためにも,ガイドツアーのご利用を薦めています。

宮城県大崎市産業経済部産業政策課
TEL 0229-23-2281 FAX 0229-23-7578
http://www.city.osaki.miyagi.jp/

宮城県栗原市市民生活部環境課
TEL 0228-22-3350 FAX 0228-22-0350
http://www.kuriharacity.jp/

宮城県登米市市民生活部環境課環境保全係
TEL 0220-58-5553 FAX 0220-58-5810
http://www.city.tome.miyagi.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.