位 置
北緯34度15分/東経131度18分
標 高
80〜425.5m
面 積
563ha
湿地のタイプ
地下水系、カルスト
保護の制度
国定公園特別地域
所在地
山口県美祢市秋芳町 、美東町
登録
2005年11月
 山口県中西部に位置する日本最大規模のカルスト地形である。標高300m前後の緩やかな台地上面は急崖と、麓に広がる平野に囲まれる。秋吉台カルスト約13,000ヘクタールのうち563ヘクタールが登録されている。地下水系は秋芳洞をはじめとする多くの洞窟を形成している。
 
カルスト台地のドリーネ群
秋芳洞の百枚皿
 地下水棲貝類の種の多様性が高く、ホラアナミジンニナ類、ミジンツボ類が生息。また秋芳洞には、アキヨシシロアヤトビムシ、アキヨシホラズミカニムシ、アキヨシチビゴミムシ等、この地方の洞窟固有の洞窟性動物が生息。キクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、ユビナガコウモリ等、6種の洞窟性コウモリが生息し、その総数は2万頭以上といわれている。草原の植物は、イネ科のものが中心で、アルカリ土壌にしか生えないアカネスゲなどの珍しい植物やオキナグサ、ムラサキ、イチョウシダなどの希少植物も多い。
 
コウモリのコロニー
オキナグサ
 秋吉台は、古くより採草地として活用されており、山焼きをおこなうことで草原環境を維持してきた。現在でも放牧や、くぼ地を畑として利用するドリーネ耕作がおこなわれている。また、草原では薬草や食用となる植物も採取され利用されてきた。冬の終わりに一斉におこなわれる山焼きは観光イベントであると同時に、地域での教育活動の一環として活用されている。
  秋吉台の地下には石灰岩の溶食によってできた地下水系が発達しており、麓の水田を潤している。また、一部の湧水は飲料水としても利用されている。
  秋吉台は地質学的・地理学的な特異性を内包し、またその奇観から国の特別天然記念物・国定公園に指定されている。一世紀を超える研究成果は国内外に広く認知されており、科学的な背景を備えた観光地・自然公園として評価が高い。カルスト地形に特有の鍾乳洞が特に発達しており、一部では観光洞として利用されるほか、洞窟探検など体験型の教育活動もさかんである。
  複数の自然愛護団体が年間を通じ活動をおこなっており、自然観察会や清掃活動が継続的に開催されている。
洞窟探検
美祢市のPR
  四季折々の景観に富んだ日本最大のカルスト台地「秋吉台」、その地下100メートルには神秘のロマンに満ちた日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」があり、観光のまちとして世界に広く知られ、年間100万人を超える観光客をお迎えしています。
 近くには名水百選に選ばれたコバルトブルーの湧水を満々と湛える「別府弁天池」があり、水稲栽培と共に全国的に有名な21世紀梨や「美東ゴボウ」の栽培も行われ、観光農園での梨狩りは家族連れで賑わっています。
 そのほか秋吉台周辺には天然記念物「大正洞」「景清穴」、奇勝「大岩郷」など多くの観光資源を有し、さらに「トロン温泉」「オートキャンプ場」「グラウンドゴルフ場」など観光施設も整備され観光客誘致に力を入れています。
美祢市立秋吉台科学博物館
 
開館時間
9:00〜17:00
休館日
月曜日(月曜が祝日の場合翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
入館料
無料
施設概要
約3億年の歴史を持つ特別天然記念物「秋吉台」を科学的に研究し、その成り立ちやカルスト台地と人間の関わり等をわかりやすく解説している。
所在地
〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938
TEL 0837-62-0640
FAX 0837-62-0324
http://www.c-able.ne.jp/~akihaku/amnh/
e-mail:akihaku@city.mine.lg.jp
秋吉台エコ・ミュージアム
 
開館時間
9:00〜16:30
休館日
毎週火曜日
入館料
無料
施設概要
秋吉台の四季を盛り込んだハイビジョン映像
所在地
山口県美祢市美東町赤2368-1
TEL 08396-2-2622
http://www.c-able.ne.jp/~mitou-14/

〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
美祢市総合観光部観光振興課 TEL 0837-62-0304
美祢市観光振興課ホームページ http://karusuto.com/
美祢市観光振興課E-mail karusuto@karusuto.com
秋吉台科学博物館ホームページ  http://www.c-able.ne.jp/~akihaku/amnh/index.html
秋吉台科学博物館E-mail akihaku@c-able.ne.jp
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.