位 置
北緯43度20分/東経141度43分
標 高
13m
面 積
41ha
湿地のタイプ
淡水湖沼
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
北海道美唄市
登録
2002年11月
 石狩川中流域にある小さな淡水湖沼。北海道随一の稲作地帯に囲まれている。かつては、国内最大の湿原であった石狩泥炭地の一部であった。成因は不明とされているが、石狩川の自然遊水池であったと考えられる。降雨と融雪、そして用排水によって涵養されている。
 
 国の天然記念物であるマガンを始め、多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める。春には、最大6万5千羽にもなるマガンや数千羽のハクチョウで賑わい、カリガネやシジュウカラガンなど希少ガン類も定期的に利用する。キタヨシやマコモからなる富栄養化した低層湿原であるが、かつてはジュンサイが繁茂し沈水植物群落が発達するなど豊かな植生を示し、一部高層湿原も残されていたという。
 
 小さな沼に集まる数万羽の水鳥たちは、周辺に広がる田んぼで落ち籾をついばみ、渡りのエネルギーを蓄えます。宮島沼の自然が、農という人々の営みで支えられていると言われる由縁はここにあります。しかし、水鳥が成長途中の小麦の葉を食害する事例も多く、こうした問題を解決し、地域農業と水鳥が共栄できる仕組みをつくることが、宮島沼のワイズユースには必要です。皆さまも、食味優れた地域のお米を味わって、地域農業と水鳥の保全にご支援ください。
美唄市のPR
 

芸術の広場と名付けられた空間。アルテピアッツァ美唄。かつての炭鉱のにぎわいを今にとどめる木造校舎を、世界的彫刻家安田侃氏の作品が見事に再生しました。広い芝生に散在する彫刻群、白い大理石と水のせせらぎ、赤い屋根の校舎などが調和し、まるで時間が止まったような空間を創り上げています。年間を通して各種コンサートや絵画展なども開催されていますので、ぜひお立ち寄りください。

宮島沼水鳥・湿地センター(平成19年3月29日オープン )
 
開館時間
9:00〜17:00(時期によって、延長します)
休館日
休館日  月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、祝日の翌日、年末年始(12/31〜1/5)
入館料
無料
施設概要
館内では、宮島沼の自然などに関する各種展示があり、野外観察カメラを操作することで遠くの水鳥の様子を大画面モニターで観察することもできます。常駐しているスタッフが様々な見所などを解説いたします。
所在地
北海道美唄市西美唄町大曲3区
電話:0126-66-5066
http://www.city.bibai.hokkaido.jp/miyajimanuma/

美唄市役所
TEL 0126-62-3131
美唄市ホームページ  http://www.city.bibai.hokkaido.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.