位 置
北緯43度03分/東経144度54分
標 高
0〜20m
面 積
5277ha
湿地のタイプ
汽水湖、塩性湿地、河川、高層湿原、低層湿原
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
北海道厚岸町
登録
1993年6月
 釧路市の東約40km。厚岸湖の西側が厚岸町市街地、その市街地の北3km北に別寒辺牛川河口がある。
別寒辺牛湿原は、国内有数の原生的な自然が残された湿原で、全体の面積は約8,300haにのぼる。
 厚岸湖は、別寒辺牛湿原の下流に位置する汽水湖で、周囲約26km、湖面が冬でも前面結氷することが少なく、オオハクチョウの国内有数の中継地・越冬地となっている。
 

 別寒辺牛川水系の湿原全体で、毎年約40つがいのタンチョウが繁殖している国内有数のタンチョウ繁殖地である。
またオオハクチョウが約1万羽以上、当水域を中継地として利用し、そのうち厚岸湖の結氷具合に応じて1,000羽から3,000羽が越冬する国内有数の越冬地でもある。
  厚岸湖に注ぐ別寒辺牛川河口を始め、低層湿原が広く発達するが、別寒辺牛川中流域において、発達した高層湿原が約110haあるほか、小規模な中間湿原あるいはそれに近い高層湿原が数カ所散在しており、ガンコウラン、イソツツジ、ヒメシャクナゲなど高山植物の群落が見られ。また汽水湖である厚岸湖湖岸には塩湿地が広がり、その湖畔には、アッケシソウなどの塩湿地性植物群落が点在しているほか、潮汐活動により潮の影響を受ける河川河口域においても、スゲ類などに特徴的な種構成が見られる。

 
オオハクチョウ
オオワシ
タンチョウ
 厚岸湖周辺は、約6,000年前から縄文人、中世よりアイヌ民族によって生活の場とされてきました。今でも遺跡や石器、土器、貝塚などが数多く発掘されます。
  厚岸湖・別寒辺牛湿原は、現在約8,300haの広さを誇り、別寒辺牛川流域に沿った湿原は原始的自然が良く保存されています。又、別寒辺牛川が注ぐ厚岸湖は古くから牡蛎の繁殖で知られ、今もその歴史を受け継ぎ、カキやアサリなどの養殖漁業に湖面は有効に活用されています。
  これらの自然は、最近とみに貴重な自然として研究者などからの高い評価を受け、平成5年に国設鳥獣保護区特別保護地区に指定されたのを受け、4,896haがラムサール条約の登録湿地に認定されました。さらに平成17年11月の締約国会議において381haが追加され、計5,277haの登録面積となりました。
  湿原は、水質の浄化や保水・洪水調整機能を持つほか、野生生物の生息地としてさらには漁業資源の形成にも大きな役割を果たしているといわれ、町民生活に計り知れない恩恵をもたらしています。したがって、次世代にこの環境を引き継ぐことが厚岸町にとて重要な課題です。しhかし、様々な事態に機敏に対応し、持続可能な社会を永続的なものにするために、湿地やその周辺環境の学術調査が欠かせません。そのため行政としては様々な環境保全対策、また町独自の助成制度を設け、研究者等を支援しているほか、地元住民による植林活動なども盛んであります。
厚岸町のPR
  町の歴史は江戸時代からと古く、周辺地域住民の商業、水産都市として発展してきた。
現在の厚岸町は、漁業(牡蠣・昆布・アサリ等)と酪農の一次産業が基幹産業の町である。
  また、この漁業の根幹を成す大自然、別寒辺牛川水系の湿原と周囲を取り巻く森林は、厚岸町にとって欠かせない要素である。この大自然の恵みを受けた産物の中でも、厚岸産牡蠣は全国的にも有名で、シングルシードという技術で育成されたカキえもんブランドの牡蠣は、厚岸の主力商品の一つである。
厚岸水鳥観察館
開館時間
8:45〜17:00
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜が休館)、年末年始
入館料
無料
施設概要
遠隔操作できる野外観察カメラと2階展望室
所在地
〒088-1140厚岸郡厚岸町サンヌシ66番地、
TEL 0153-52-5988 FAX 0153-52-5988
http://www.akkeshi-bekanbeushi.com/

厚岸町役場 〒088-1192 北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地
TEL 0153-52-3131(代表) FAX 0153-52-3138              
e-mail: akkeshi@pop2.marimo.or.jp
厚岸町ホームページ http://www.akkeshi-town.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.