位 置
北緯43度05分/東経145度05分
標 高
0〜3m
面 積
2504ha
湿地のタイプ
塩性湿地、汽水湖、河川、高層湿原、低層湿原
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
北海道浜中町
登録
1993年6月
 北海道東部の太平洋に面した琵琶瀬(びわせ)湾、浜中湾の海岸線に沿って広がる、南北約9km、東西約3km面積3,168ヘクタールの湿原である。湿原の主要部分と、湿原の西にある火散布(ひちりっぷ)沼と藻散布(もちりっぷ)沼の47ヘクタールは、合計2,504ヘクタールがラムサール条約湿地(1993年6月10日)登録されている。また、中央部の803ヘクタールは国の天然記念物「霧多布泥炭形成植物群落」に指定(1922年10月12日)された。湿原の環境保護のため地元の有志を発起人とした霧多布湿原トラストが作られ、湿原を保全し後世に残すよう活動を行っている。
 

 霧多布湿原は、大部分は厚さ0.7〜2.6mのミズゴケの泥炭地で、低層湿原から高層湿原までのバラエティーに富んだタイプの湿原です。湿原の北部は、ミズゴケ湿原、スゲ湿原が発達し、南部にはヨシ群落が発達し、湿原の中を流れる河川は、海水の影響を受けてオオシナバナやアッケシホウなどの塩水植物が生育しています。湿原の凍結がゆるむ春秋には多くの渡り鳥(オオハクチョウ、オオワシ、コミミズク、カモ類など)が中継地として利用する。夏には数組のタンチョウが繁殖を行っており、またさまざまな鳥類も観察できる。湿原の後背部森林と接しているため、エゾシカなどの大形哺乳類もしばしば湿原に姿を現わします。春から秋にかけ多様な花が湿原のあちこちに咲くことで有名、特に初夏を告げる白いワタスゲ、夏の訪れと共に咲く黄色いエゾカンゾウなどは湿原一面を彩り、花の種類が多く花の密度が高いことから花の湿原と呼ばれております。

タンチョウ
 
エゾリス
 
エゾフウロ
クシロハナシノブ
 浜中町内外の小学生を対象とした霧多布子ども自然クラブを月に1回開催しています。湿原や森、川、海をフィールドとした環境教育に取り組んで います。
子ども自然クラブ
浜中町のPR
  浜中町は、いたるところが自然の観光地です。海岸は大小の湾と小さな島々で太平洋の波を砕き、風を切り、そして湿原は四季折々にすばらしい色彩を見せ、訪れた方に感動と安らぎをあたえます。
 また霧多布湿原センターから2Km以上にわたり、MGロードという道路が走っており、その両側から湿原の景色を楽しむことができます。
霧多布湿原センター
開館時間
9:00〜17:00 冬期(11月〜3月)9:00〜16:00
休館日
毎週火曜日(但し同日が国民の祝日の場合はその翌日)、※夏季5月〜10月の間は無休
冬季休館12月20日〜28日、1月2日〜1月31日まで ※12月29日〜1月1日は営業予定
入館料
無料
施設概要
バードカービング展示、ミュージアムショップ、コーヒーショップ
所在地
北海道厚岸郡浜中町四番沢20番地 TEL 0153-65-2779
http://www.kiritappu.or.jp/center/

浜中町役場商工観光課観光係
TEL 0153-62-2111
浜中町ホームページ http://www.town-hamanaka.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.