位 置
北緯42度42分、東経141度43分
標 高
1〜5m
面 積
510ha
湿地のタイプ
淡水湖、湖岸河川流域の低湿地
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区
所在地
北海道苫小牧市
登録
1991年12月
 ウトナイ湖は、北海道南西部、苫小牧市の中心より北東11km、美々川下流の沖積平野に広がる周囲9.5km、面積230ヘクタールの淡水湖である。かつての海の入り江に発達した砂嘴や砂丘により海と切り離された。美々川を含むウトナイ湖周辺は、勇払原野の開発が進むなか昔の面影を残す貴重な湿地帯である 。
 
オオハクチョウとカモ類
マガン
 ウトナイ湖は、支笏・樽前山麓や海に近く、砂丘や火山灰性の原野や丘陵性の森林、美々川と湖沼周辺の湿原という自然環境の多様性を持つ。
  湖内にマコモ、ヒシ、コウホネなどの水生植物、周辺草地にヨシ、イワノガリヤス、さらにハンノキ、コナラ、ミズナラなどの広葉樹林が広がる。約270種の鳥類が確認され、ノゴマ、オオジシギなどの夏鳥が繁殖し、ガン、カモ、ハクチョウなどの水鳥が渡りの中継地や越冬地として利用する。
 
クロミノウグイスカグラ
オオジシギ
 湖の北西にネイチャ−センタ−が建設され、野鳥の観察、保護・研究の拠点となっている。湖岸の50ヘクタ−ルには7本の自然観察路、観察小屋等が整備されふれあいの場として開放され、それ以外の場所は保護ゾ−ンとして利用を制限している。
  2002年には環境省の野生鳥獣保護センタ−が開設され国指定の鳥獣保護区の適正な管理と自然教育を行う全国で初めての施設で、子どもたちへの環境教育や普及啓発とともに、傷病鳥獣の救護、リハビリを行っている 。
 
自然観察路
苫小牧市のPR
 苫小牧市にはフェリ−タ−ミナルがあるほか、札幌市や千歳空港からのアクセスも良く、四季を通じて手軽に自然観察や自然体験を楽しむことができます。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センタ−
開館時間
9:00〜17:00
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)、年末年始
入館料
無料
施設概要
展示ホ−ルの壁面には生態系を描画で表現・150インチ大型スクリ−ンにより四季の生態系などを映像で紹介
所在地
〒059-1365 北海道苫小牧市字植苗156番地の26
TEL 0144-58-2231
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/

〒053-8722 苫小牧市旭町4丁目5番6号 苫小牧市環境衛生部環境生活課
TEL 0144-32-6331 FAX 0144-32-2198
苫小牧市ホームページ  http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.