位 置
北緯43度09分/東経144度26分
標 高
3〜10m
面 積
7863ha
湿地のタイプ
低層湿原、淡水湖、河川
保護の制度
国指定鳥獣保護区特別保護地区、国立公園特別保護地区および特別地域
所在地
北海道釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村
登録
1980年6月
 北海道東部の釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村の4市町村にまたがる日本最大の湿原で、面積は22,070haに及びます。(ラムサール条約登録面積は7,863ha)
  かつては海でしたが、海が後退し、太平洋との開口部に砂嘴(さし)が発達するにつれて汽水湖となり、3000年ほど前から砂嘴の内側の湖底に泥炭の推積がはじまって、次第に現在の湿原が形づくられました。
 

 広大な湿原域の約80パーセントは、ヨシ、スゲにおおわれた低層湿原ですが、中央部にはミズゴケの高層湿原や、低層湿原から高層湿原への遷移の過程にあるツルコケモモなどが分布する中間湿原が点在しています。
釧路湿原は豊かな生物多様性を支え、植物約600種、昆虫類約1,130種、魚類38種、両生・爬虫類9種、鳥類170種、哺乳類30種が確認されています。
  その中には、世界的に絶滅の危機にあるタンチョウやシマフクロウ、オジロワシ、オオワシなどが含まれています。日本では唯一のキタサンショウウオの生息地で、イイジマルリボシヤンマなど固有種の昆虫も記録されています。植物としては、ハナタネツケバナ、クシロハナシノブなどがあります。

 
タンチョウ
クシロハナシノブ
 釧路湿原では、生態系に負荷を与えない方法で、湿原を観光資源・漁業資源・環境教育の場等として様々な利用を行っています。
●北海道在来種の道産子(ドサンコ)馬を活用したホーストレッキングや釧路川でのカヌーによる自然観察、冬期間には雪原での歩くスキーなど様々なプログラムが企画され、地域の人々や団体によりエコツアーが行われています。
●塘路湖ではかつて乱獲により魚類資源が激減したことがありました。一定の禁漁期間を設けた後、地元の漁師の人々は小さな魚が逃げることができる「目の粗いふくべ網」を用いることにより持続的な利用を行っています。また、塘路湖の水産資源を維持するため、周辺の森の保全にも力を注いでいます。
●釧路国際ウェットランドセンター(KIWC)では、釧路湿原の豊かな自然や充実した施設・人材を活用して「生物多様性」「ツル類保護」「自然保護管理」「自然公園の管理と利用」「エコツアー」などをテーマとする研修や国際会議を開催し、湿地の価値と保全の重要生を国内外に普及させるうえで、大きな役割を果たしています。
●釧路湿原国立公園連絡協議会では、こどもレンジャーを組織し、釧路湿原をフィールドに様々な調査・体験活動を通じて、湿原の価値やその重要性について学んでいます。
釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村のPR
 1980年6月にラムサール条約の日本国内第1号の登録湿地として登録された釧路湿原は、その広さも日本一で、釧路市、釧路町、標茶町、鶴居村にまたがっています。湿原の中を壮大なスケールで蛇行する釧路川でのカヌー、湿原を間近に見ながら走る夏のノロッコ号と冬のSL、ホーストレッキングや木道散策、タンチョウをはじめとする生き物の観察など、四季を通じて湿原の魅力を感じることができます。
釧路市湿原展望台
開館時間
8:30〜18:00(5月〜10月) 9:00〜17:00(11月〜4月)
休館日
年末年始(12月31日〜1月3日)
入館料
大人470円・高校生250円・小中学生120円
施設概要
釧路湿原を東に望む釧路市湿原展望台は、湿原で見られる「ヤチボウズ」をモチーフにした個性的外観をもつ展望、展示施設です。館内には湿原を再現したジオラマのほか、釧路湿原のおいたち・動植物・遺跡などのパネルが展示されています。展望室や屋上から湿原や市街の広がりを眺めることができます。
所在地
北海道釧路市北斗6-11 TEL 0154-56-2424

http://www.kushiro-kankou.or.jp/tenboudai/
環境省釧路湿原野生生物保護センター
開館時間
10:00〜17:00
休館日
11月1日〜4月29日(土・日・祝日および年末年始(12月29日〜1月3日))
(4月30日〜10月31日は無休)
入館料
無料
施設概要
このセンターは、環境省の施設で一般向けの展示施設と研究施設に分かれています。展示施設では北海道東部のシマフクロウやタンチョウなどの絶滅の恐れのある野生生物や湿地の生態系や保護などについて、パネルやジオラマなどで紹介しています。研究施設では、湿原のモニタリング等の調査データ等の集積を行っています。また、野生生物の保護、増殖や湿原の保全の基礎となる野生生物の生息状況調査を行っています。
所在地
北海道釧路市北斗2-2101 TEL 0154-56-2345

http://www.env.go.jp/nature/yasei/guide/yaseiseibutsu.html
温根内ビジターセンター
開館時間
9:00〜17:00(4月〜10月) 9:00〜16:00(11月〜3月)
休館日
毎週火曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料
無料
施設概要
釧路湿原国立公園の利用施設として平成4年に開館した温根内ビジターセンターは、バリアフリーや多言語化等のニーズに対応するため、平成29年4月に新たな施設に生まれ変わりました。
当施設は釧路湿原国立公園の西端に位置し、身近に湿原の生態を観察できます。また、湿原と森の接点に位置しており、訪れる人々が四季折々にうつろう湿原について知ることができる情報ステーションであり、休憩や交流の場ともなっております 。
ここから延びる木道には湿原の野生生物などを紹介する解説板があり、ヨシ・スゲ湿原やミズゴケ湿原、ハンノキ林など様々な表情を持つ湿原を見ることができます。

所在地
北海道阿寒郡鶴居村温根内 TEL 0154-65-2323

細岡ビジターズラウンジ
開館時間
9:00〜17:00(4月〜5月) 9:00〜18:00(6月〜9月)
9:00〜16:00(10月〜11月) 10:00〜16:00(12月〜3月)
休館日
年末年始(12月31日〜1月5日)
入館料
無料
施設概要
釧路湿原を一望できる細岡展望台に隣接し、訪れた人々が気軽にくつろぐことのできる施設で、湿原展望の後にゆったりとした時間を過ごすことができます。館内には湿原風景や花々の写真が飾られ、軽食や喫茶のできるコーナーもあります。また、お土産を買うこともできます。細岡ビジターズラウンジ横から、細岡展望台へと続く遊歩道が整備されており、野鳥の声を聞きながら林間を散策することができます。
所在地
北海道釧路郡釧路町達古武22番地9 TEL 0154-40-4455

塘路湖エコミュージアムセンター(あるこっと)
開館時間
10:00〜17:00(4月〜10月) 10:00〜16:00(11月〜3月)
休館日
毎週水曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)
入館料
無料
施設概要
塘路湖の南岸に位置する施設です。湿原に立つ「ハンノキ」の木立をイメージした解説パネルでは、湿原の生命である「水」をテーマに、様々な姿に形を変えて湿原を旅する水や、釧路湿原の多様性に富んだ自然や動植物の姿などを紹介しています。また、釧路湿原の水中の世界や湿原のしくみ、ヤチハンノキやヤチボウズ、ヤチマナコなどを再現したジオラマやハイビジョン大画面による美しい映像プログラムを見ることができます。
所在地
北海道川上郡標茶町塘路原野 TEL 015-487-3003

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ
開館時間
10月1日〜3月31日 9:00〜16:30
休館日
毎週火・水曜日(祝日を除く)12月26日〜12月30日、4月1日〜9月30日
入館料
無料
施設概要
タンチョウとその生息地を保護するため設置された(財)日本野鳥の会が運営する施設です。サンクチュアリの大部分の土地は、長年タンチョウ給餌人を務めた伊藤良孝氏から提供されたので、その名がつけられています。冬期間はタンチョウ給餌場の一つとして給餌が行われ、またサンクチュアリ内のネイチャーセンターではタンチョウの鳴き声や行動についての解説を受けることができます。
所在地
北海道阿寒郡鶴居村字中雪裡南 TEL 0154-64-2620

http://park15.wakwak.com/~tancho/


〒085-8505北海道釧路市黒金町7丁目5番地 釧路市市民環境部環境保全課自然保護担当
TEL 0154-31-4594 FAX 0154-23-4651
釧路市ホームページ http://www.city.kushiro.lg.jp/
釧路国際ウェットランドセンター ホームページ http://www.kiwc.net/
釧路湿原国立公園連絡協議会ホームページ http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/
e-mail ka-shizenhogo@city.kushiro.lg.jp
 
Copyright© 2007- ラムサール条約登録湿地関係市町村会議. All rights reserved.